このサイトは、お菓子を中心にした全国みやげの情報交換・評価・企画を行うサイトです。 はじめてお越し頂いた方は、こちらをお読みください。
おみやげ宅配

2011年03月31日

がんばろう!福島フェア!!

福島原発の問題が未だ解決されず、福島県の皆さんは本当に大変な状態にあると思います。
東京から何か出来ることはないかなぁと思っていたら、ありました!


福島県産の青果物フェアが開催されるそうです。
私は放射能について今回いろいろ勉強しましたが、今回ほうれんそうで検出された数字も規定値を上回るだけで、発ガンの可能性は限りなくゼロだと思っています。

あとは自己判断の世界。
買いたくなければ買わなければいい。私は100%信頼して全力で購入の予定(笑)
生産者を支援するためにもぜひ、福島の取れたて野菜を購入しておいしく頂きましょう。


「がんばろう!福島フェア!!」

福島県の生産者が心を込めて大切に作った青果物をこの機会にぜひご賞味下さい!


日時:2011年4月2日(土)-3日(日)

販売品目:
いちご、アスパラガス、きゅうり、しいたけ、たらの芽(おそらくすべてハウス野菜と思われる)

売上金は福島県内被災者のための義援金として「福島県災害対策本部」に寄付します。



福島県・JA全農福島


場所:
福島県八重洲観光交流館 東京都中央区八重洲2-6-21 三徳八重洲ビル 1F
http://www.tif.ne.jp/jp/sp/yaesu/







一応、その他の地域の物産館もご紹介。

いわて銀河プラザ 東京都中央区銀座5-15-1 南海東京ビル1F
http://www.iwate-ginpla.net/

宮城ふるさとプラザ 東京都豊島区東池袋1-2-2 東池ビル1・2F
http://cocomiyagi.jp/

あおもり北彩館 東京都千代田区富士見2丁目3-11
http://www.umai-aomori.jp/buy/antenashop/hokusaikan-tokyo/hokusaikan.phtml


posted by amam at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京で買う全国みやげ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

会津山塩黒糖あめ 会津山塩企業組合

このたびの東日本震災で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
全国みやげ総研では、今後の復興のためにも、災害地域の物産館で積極的に商品を購入し紹介したいと考えています。
今後は風評被害に相当悩まされることになりそうな商品について誤解を少しでも取り除く手助けになればと思います。



山塩あめ.jpg


(1)製品名
会津山塩黒糖あめ


(2)メーカー(製造者、販売者)
会津山塩企業組合

 
(3)購入日
2011/03/21

(4)賞味期限
2012/01/05

(5)購入場所(入手方法)
福島県八重洲観光交流館


(6)価格、数量(グラム)
110g 367円


(7)パッケージデザイン
透明なパッケージに山の絵のついたシール。
「会津山塩黒糖あめ」の文字。

(8)製品の形状・外観
透明なパッケージにひとつひとつ個別包装した黒飴が入っています。


(9)味の感想
やや、塩味の効いた黒糖キャンディ。
会津の大塩温泉ぁら採った山塩を使っているそうです。
個別包装なので、ポケットなどに入れて持ち歩くのに便利。


(10)原材料等
水飴、砂糖、黒糖、塩、カラメル色素、乳化剤


(11)企業情報(企業名、住所、電話番号、URL、その他)
会津山塩企業組合
福島県耶麻郡北塩原村大字大塩字立岩6106
tel 0241-33-2340
fax 0241-33-2350
http://www.aizu-city.net/yamajio/index.htm

(12)ネット通販の有無(安全性)
上記サイトで、直接の販売は行ってないようです。
詳細は上記サイトでお問い合わせください。


(13)その他、購入できる場所、入手方法
福島県八重洲観光交流館では売っていましたが、かなり商品が減ってきていました。
直接、福島県八重洲観光交流館に足を運んでお確かめ下さい。(2011年3月21日現在)


posted by amam at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北みやげ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

活性原酒 雪っこ 酔仙酒造株式会社

このたびの東日本震災で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
全国みやげ総研では、今後の復興のためにも、災害地域の物産館で積極的に商品を購入し紹介したいと考えています。
今後は風評被害に相当悩まされることになりそうな商品について誤解を少しでも取り除く手助けになればと思います。


雪っこ.jpg



(1)製品名
活性原酒 雪っこ 酔仙酒造株式会社


(2)メーカー(製造者、販売者)
酔仙酒造株式会社

 
(3)購入日
2011/03/19

(4)賞味期限


(5)購入場所(入手方法)
銀座にある物産館「いわて銀河プラザ」で購入


(6)価格、数量(グラム)
いろいろ買いすぎて不明
確か250-300円の間ぐらいだったような

(7)パッケージデザイン
白い缶に藁で作った蓑を被った雪っ子とかまくらの絵。
なんだかコレを飲んだだけでほんわか温まりそうな期待感が高まります。

雪っこ2.jpg


(8)製品の形状・外観
中を開けるとと思いっきり白濁。
なーんかどぶろく?って感じ。日本酒における未知との遭遇です。

(9)味の感想
とろーりとした瞬間で日本酒と甘酒の間の味わい。
結構くせがあるんですが、前のエントリーのさんまの冷燻との相性はバツグン。
こんな至福の時をありがとう。もう少し落ち着いたら三陸には絶対旅行に行こうと思っています。
恩返しは必ずします。

(10)原材料等
米、米こうじ、醸造アルコール、糖類、アルコール分20度以上21度未満


(11)企業情報(企業名、住所、電話番号、URL、その他)
酔仙酒造株式会社
岩手県陸前高田市高田町字大石1-1
http://www.suisen.co.jp/


(12)ネット通販の有無(安全性)
従来は上記サイトからの購入が可能だったようです。
現在は、地震の影響で業務を停止してるとの書き込みがありました。
きっと近い将来、またおいしいお酒を届けてくれると思います。
応援してあげてください。


(13)その他、購入できる場所、入手方法
いわて銀河プラザで従来は購入可能でしたが在庫は不明です。
直接、銀座のいわて銀河プラザに足を運んでお確かめ下さい。(2011年3月21日現在)



posted by amam at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北みやげ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さんまの冷燻 三陸 浦嶋商店

このたびの東日本震災で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
全国みやげ総研では、今後の復興のためにも、災害地域の物産館で積極的に商品を購入し紹介したいと考えています。
今後は風評被害に相当悩まされることになりそうな商品について誤解を少しでも取り除く手助けになればと思います。

さんまの冷燻.jpg


(1)製品名
さんまの冷燻 三陸 浦嶋商店


(2)メーカー(製造者、販売者)
株式会社浦嶋商店

 
(3)購入日
2011/03/19

(4)賞味期限
2011/03/30

(5)購入場所(入手方法)
銀座にある物産館「いわて銀河プラザ」で購入


(6)価格、数量(グラム)
2尾(4枚)525円

(7)パッケージデザイン
透明なパックにきれいに2枚に開いたさんまが4枚並んでいます。


(8)製品の形状・外観
さんまの燻製です。
燻したとてもいいにおいがしています。


(9)味の感想
脂の乗ったさんまを桜のチップで燻した香ばしさが本当によく調和しておいしいです。
津波が直撃した場所にあったようなので、復興してまたこんなおいしいものを作っていただけるかわからないです。
陸前高田の日本酒と一緒にじっくりと味わっていただいています。

(10)原材料等
秋刀魚(三陸沖産)、天日塩、砂糖、醤油、香辛料


(11)企業情報(企業名、住所、電話番号、URL、その他)
株式会社 浦嶋商店
岩手県大船渡市大船渡町字上平118
http://www.sannriku-urashima.com/


(12)ネット通販の有無(安全性)
不明
上記サイトが地震前の日付から更新が止まっています。
2011年3月21日現在、それどころではないという状態だと思われます。


(13)その他、購入できる場所、入手方法
不明



posted by amam at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北みやげ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南部せんべい ひとくち南部 バターゴマ

このたびの東日本震災で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
全国みやげ総研では、今後の復興のためにも、災害地域の物産館で積極的に商品を購入し紹介したいと考えています。
今後は風評被害に相当悩まされることになりそうな商品について誤解を少しでも取り除く手助けになればと思います。


なんぶ1.jpg


(1)製品名
南部せんべい ひとくち南部 バターゴマ


(2)メーカー(製造者、販売者)
株式会社岩手屋

 
(3)購入日
2011/03/19

(4)賞味期限
2011/06/02

(5)購入場所(入手方法)
銀座にある物産館「いわて銀河プラザ」で購入


(6)価格、数量(グラム)
210円(12枚入り)
(今回、購入した商品と岩手屋さんのサイトで紹介されているものは枚数と価格が違っています)

(7)パッケージデザイン
半透明なパッケージに「南部せんべい ひとくち南部」の文字。

なんぶ2.jpg



(8)製品の形状・外観
通常の南部せんべいは、直径10cmほどの円形ですが、ひとくち南部は片手に簡単に収まるぐらいの大きさ。
ひとくちは無理でもふたくちで食べられる大きさです。


(9)味の感想
ゴマいっぱい、バターたっぷりでおいしい。
バターの香りと香ばしさが今までの南部せんべいに対するイメージが改まる味です。


(10)原材料等
小麦粉、バター、ゴマ、砂糖、食塩、重曹


(11)企業情報(企業名、住所、電話番号、URL、その他)
株式会社 岩手屋
岩手県二戸市石切所字前田41-1
TEL:0195-23-6311
http://www.iwateya.co.jp/


(12)ネット通販の有無(安全性)
http://www.iwateya.co.jp/
2011年3月21日現在、輸送手段が確保できないとのことですが、復旧次第発送してもらえそうです。


(13)その他、購入できる場所、入手方法
「いわて銀河プラザ」では定番の商品だと思います。
入荷状況は直接店舗に行って確認下さい。
(先日、訪れたときは募金と支援で来店される方が多く、店舗の方達はとても忙しそうでしたので、電話での問い合わせは迷惑になると思います。)


posted by amam at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北みやげ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩手の思い出 そのままかぼちゃ

このたびの東日本震災で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
全国みやげ総研では、今後の復興のためにも、災害地域の物産館で積極的に商品を購入し紹介したいと考えています。
今後は風評被害に相当悩まされることになりそうな商品について誤解を少しでも取り除く手助けになればと思います。




(1)製品名
岩手の思い出 そのままかぼちゃ


(2)メーカー(製造者、販売者)
株式会社佐々木製菓

 
(3)購入日
2011/03/19

(4)賞味期限
2011/04/22

(5)購入場所(入手方法)
銀座にある物産館「いわて銀河プラザ」で購入


(6)価格、数量(グラム)
他にもいろいろ購入したため、忘れちゃいました。
150円ぐらい?


(7)パッケージデザイン
透明なパッケージに「岩手の思い出 そのままかぼちゃ」の文字。
中にはビッチリ南瓜の種が煎餅状に固められています。

そのままかぼちゃ.jpg


(8)製品の形状・外観
かぼちゃの種が本当にそのまま丸いせんべいの形に固められています。



(9)味の感想
本当に南瓜の種そのものの素朴で香ばしい味が口いっぱいに広がります。
成型するのに使われている鶏卵やグラニュー糖などは控えめなので、ほのかな甘みのみです。
ウイスキーのつまみにもあいそうな感じです。


(10)原材料等
カボチャ種、グラニュー糖、鶏卵、小麦粉、ゼラチン、食塩


(11)企業情報(企業名、住所、電話番号、URL、その他)
株式会社佐々木製菓
岩手県一ノ関市赤荻字鬼吉52
TEL:0191-25-3333


(12)ネット通販の有無(安全性)
以前は楽天で購入できたそうですが、地震の影響で2011年3月21日現在サイトでの影響はされてないようです。


(13)その他、購入できる場所、入手方法
「いわて銀河プラザ」では定番の商品だと思います。
入荷状況は直接店舗で確認下さい。


posted by amam at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北みやげ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

札幌カリーせんべい カリカリまだある?


札幌に遊びに行ってた会社の人のお土産です。


(1)製品名
札幌カリーせんべい カリカリまだある?


(2)メーカー(製造者、販売者)
株式会社YOSHIMI

 
(3)購入日
2011/03/01にもらったお土産です

(4)賞味期限
2011/06/15

(5)購入場所(入手方法)
不明


(6)価格、数量(グラム)
(1箱(18g×8袋)×5箱入) 3,800円
(ネットではロット売りしてるようなので高く感じます)
楽天だと1箱 18g×8袋入で630円
(小ロットの方が安いという不思議な現象が・・・)

(7)パッケージデザイン
白い袋に黄色いカレー煎餅の絵が描いてあります。
「札幌カリーせんべい カリカリまだある?」のロゴがかわいい感じです。

karikari1.jpg



(8)製品の形状・外観
一口大のおかきです。
ピーナッツあられと同じぐらいの大きさでカレー色の表面にたくさん黒胡椒がついています。

karikari2.jpg


(9)味の感想
カレーの味が香ばしいです。
香りとか胡椒の辛さとか結構本格的かも。
ちょっと売れてる理由がわかったかも。
甘いものが苦手な人へのお土産としては小分けしやすいし、結構いいかも知れませんね。


(10)原材料等
うるち米、植物油脂、発酵調味液、ウスターソース、砂糖、たん白加水分解物、カレー粉、澱粉、水飴、えび、黒胡椒、酵母エキス、ガラムマサラ(カイエンペッパー、クミン、カルダモン、ナツメグ、ローリエ)、食塩、ターメリック、調味料(アミノ酸等:大豆を含む)、紅麹色素


(11)企業情報(企業名、住所、電話番号、URL、その他)
株式会社YOSHIMI
札幌市中央区南6条西
1丁目5番地 6・1ビル 3階
TEL:011-511-7323
Email:Krs@yoshimi-ism.com
http://www.yoshimi-ism.com/


(12)ネット通販の有無(安全性)
ベリサインのSSL方式のサイト
http://yoshimi-ism.co.jp/

(13)その他、購入できる場所、入手方法
おそらく、千歳空港や北海道の大きなお土産屋さんにはあると思います。



posted by amam at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道みやげ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。